wordpress

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた③

投稿日:

メンバー紹介選手紹介

 

1.プラグインAdvanced Custom Fieldsをインストール

 

左メニューのプラグイン→新規追加→検索窓に「Advanced Custom Fields」を入力すると出てきます。

カスタムフィールド

インストールの手順は省略します。

有効化すると下図のようにメニューに表示されます。

カスタムフィールド

とりあえずこれでカスタムフィールドのプラグインが使えるように準備できました。

WordPressには最初から投稿画面でカスタムフィールドが利用できるようになっていますが、

こちらのプラグインを使うことによって、柔軟性やカスタマイズに優れているので今回はプラグインを利用して作ってみたいと思います。

 

 

カスタムフィールドを作成する

 

管理画面のメニューにある「カスタムフィールド」から新規追加をクリックします。

新規追加

 

➊フィールドグループを新規追加

 

わかりやすいタイトルを入力します。今回は、「メンバー登録」という名前にしました。

タイトルを入力したら、「+フィールドを追加」ボタンをクリックして項目を追加していきます。

 

メンバー登録

 

➋メンバー紹介に必要とされる項目の追加

 

3つの必須項目と必要な項目を追加します。

メンバー登録項目

「フィールドラベル」

編集ページで表示される名前です。わかりやすい名前がいいです。

「フィールド名」

単一語。スペース無し。アンダースコアとダッシュは使用可能。半角英数で入力します。

「フィールドタイプ」

カスタムフィールドの種類です。テキストやセレクトボックス、ラジオボタンからGoogle Mapまで選択することができます。

 

「+フィールドを追加」ボタンをクリックして6つの項目を追加してみました。

選手登録項目

 

➌作成したフィールドグループをどこに表示するか

 

カスタムフィールドを作成したら、次は作成したフィールドグループをどこに表示するかを指定します。

今回は、「メンバー登録」というカスタム投稿タイプの編集画面のみに表示するようにしました。

カスタム投稿タイプのみ表示

 

 

➍最後に「公開」ボタンをクリック

 

入力が終わったら最後に「公開」ボタンをクリックして保存しましょう。

カスタム投稿画面「メンバー登録」を開くと先ほど作成した項目が表示されていますので、あとは項目に従って入力するのみです。

個別登録

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた④

 



 

-wordpress
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

予約1

MTS Simple Booking-Cで指定した日の指定した時間だけ受け付けないようにする

  この日のこの時間だけ受け付けないようにしたい   無料版の予約システム【MTS Simple Booking-C】はすごく簡単に予約可能なプラグインですが、 ある程度決まったス …

ワードプレス

WordPress テーマTwenty Sixteenでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた④

  11.メンバー一覧表示のカスタマイズ   メンバー個人個人の登録が終わったら、今度は一覧表示を作ってみます。 あまりごちゃごちゃ触りたくないので、以下のファイルだけ中身を少し変 …

google api

Google Maps APIキー取得方法

Google Maps APIキー取得方法 Google Maps APIを取得する前に、Googleのアカウントを取得してください。 こちらから取得します → https://developers. …

リンク先を取得

簡単にリンク先のホームページを取得

  Browser Shots   WordPressのプラグインを利用して、簡単にリンク先のホームページの情報・画像を取得してサムネイルのように表示ができます。   & …

カスタムフィールド カテゴリー

Advanced Custom Fieldsをカテゴリに使用したときの画像の取得出力

  いろいろ試してみた結果、やっとできたので覚書として記事にしました。   カスタムフィールドのカテゴリー画像作成   Advanced Custom Fieldsのプラ …