wordpress

Google Maps APIキー取得方法

投稿日:

google api

Google Maps APIキー取得方法

Google Maps APIを取得する前に、Googleのアカウントを取得してください。

こちらから取得します → https://developers.google.com/maps/web/

下図のような画面になると思いますので、右上にある「キーの取得」をクリックします。

google api

1.Maps Web APIの有効化

下図のような画面が出たら「Yes」を選択して右下の「CREATE AND ENABLE API」をクリックします。

maps web api

次に、下図のような画面になって有効化の準備が進みます。

api

有効化できればAPIキーが表示されます。

次に、枠内にある「API Console」をクリックしてください。

API

 

2.API キーの設定

API キー

上図の画面が表示されたら、①のHTTP referrers (web sites)を選択して、キーの制限をします。

これをしなかったら他人が自分のAPIキーを使って利用することができます。

次に、②のところに、Google APIキーを使いたいサイトを登録します。

例えば、

*.example.com/* www等のサブドメインがついた example.comと下位のURL
example.com/* example.com と下位のURL

入力後、「保存」をクリックしてください。
*.example.com/* に関しては、最初の*が入らないのも作っておいた方が良いかも?

 

3.APIキーの追加

APIキーの追加

続いて、追加(有効化)しないとうまく表示されない場合がありますので下記の項目などは追加(有効化)してください。

上図にある左メニューの「ライブラリ」から表示されますので、必要な項目をクリックしてください。

例:

Google Maps Directions API

Google Maps Geocoding API

Google Maps Elevation API

Google Maps JavaScript API

Google Places API for Android

Google Places API for iOS

 

APIキーの使い方

Google Mapsを表示する場合、ページのヘッダー(又はフッター又はbody内)に 先ほど追加したAPIキーを読み込むコードを記入します。

 

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=XXXXXXXXXXXXXXXXXX"></script>

 

以上でGoogle マップが表示されると思います。

 

 

-wordpress
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フォトギャラリー

WordPressでフォトギャラリーを作るのに3つのプラグインを入れてみた

  プラグインを使って簡単にフォトギャラリー   WordPressの固定ページ、投稿ページ、カスタム投稿ページに写真を並べて掲載するフォトギャラリーページは、プラグインを使って簡 …

CSSのcolumnでカテゴリー一覧ページにランダム表示

CSSのcolumnでカテゴリー一覧ページにランダム表示

  アーカイブの一覧表示をランダムにする   前回の記事に関連して、今回はアーカイブのページで試してみたいと思います。 カテゴリーなどの一覧表示に使用する『archive.php』 …

メンバー紹介選手紹介

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた①

  WordPressでスポーツチームやサークルのメンバー紹介や選手紹介または、企業やショップなどの人物紹介などのページを作るときに行う方法として、Web製作者それぞれやり方はあると思います …

cmsとは

CMSとは

  CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(content management system)の略で、簡単にいうと、ソフトの管理画面からテキストや画像などをHTMLが詳しくない方でも、 …

トグルメニュー

WordPressのメニューをおもしろくしてみた

    トグルメニュー(アコーディオンメニュー)の準備   WordPressのテーマに子テーマを作って、 そこで変更や追加をした方が安心安全なので以下の作業は子テーマを …