wordpress

【サンプル】プラグインなしでカスタム投稿タイプを複数作る

投稿日:2017年10月3日 更新日:

カスタム投稿
 

あまりWordPressをテクっていない私が、今回はプラグインなしでカスタム投稿タイプを作ってみました。

たぶん、詳しい人からするとかなり簡単にできてしまうんだと思いますが、

詳しい人ほど、説明まで難しいんですよ 😥

そこで、やってみたことをここで紹介します。

 

①プラグインなしでカスタム投稿を作る

 

もちろん有名なプラグイン「Custom Post Type UI」っていうのがあるのでそちらからでも可能です。

プラグインページ → Custom Post Type UI

カスタム投稿タイプ プラグイン
それでは、子テーマの「functions.php」に記述していきたいと思います。

その前に、念のためバックアップは取っておいた方がいいです。

 

// 営業部-おしらせ-
function homepage_info_sales() {
	$labels = array(
		"name" => __( '営業部-お知らせ', '' ),
		"singular_name" => __( '営業部-お知らせ', '' ),
	);

	$args = array(
		"label" => __( '営業部-お知らせ', '' ),
		"labels" => $labels,
		"public" => true,
		"publicly_queryable" => true,
		"has_archive" => true,
		"capability_type" => "post",
		"rewrite" => array( "slug" => "sales_info", "with_front" => true ),
		"query_var" => true,
        'menu_position' => 20,
		"supports" => array( "title", "editor", "thumbnail", "custom-fields", "author", "page-attributes", "post-formats" ),
	);

	register_post_type( "sales_info", $args );
}
add_action( 'init', 'homepage_info_sales' );

 
これでとりあえず一つ出来ました。
 
もう一つ作ります。
 

// 営業部-イベント-
function homepage_event_sales() {
	$labels = array(
		"name" => __( '営業部-イベント', '' ),
		"singular_name" => __( '営業部-イベント', '' ),
	);

	$args = array(
		"label" => __( '営業部-イベント', '' ),
		"labels" => $labels,
		"public" => true,
		"publicly_queryable" => true,
		"has_archive" => true,
		"capability_type" => "post",
		"rewrite" => array( "slug" => "sales_event", "with_front" => true ),
		"query_var" => true,
        'menu_position' => 20,
		"supports" => array( "title", "editor", "thumbnail", "custom-fields", "author", "page-attributes", "post-formats" ),
	);

	register_post_type( "sales_event", $args );
}
add_action( 'init', 'homepage_event_sales' );

 

【説明】

// 営業部-お知らせ-
function homepage_info_sales() {   //【サブドメイン・ドメインなど】_【今回はお知らせなのでinfoにしました】_【部門・カテゴリーなど】
	$labels = array(
		"name" => __( '営業部-お知らせ', '' ),  //日本語でわかりやすくしました
		"singular_name" => __( 'サンプル-お知らせ', '' ),  //日本語でわかりやすくしました
	);

	$args = array(
		"label" => __( 'サンプル-お知らせ', '' ), //管理画面のメニューに表示される部分ですので日本語でわかりやすくしました
		"labels" => $labels,  //ここはこのままで
		"public" => true, //フロントエンド上で公開するかを設定する項目です。通常はtrueにします。
		"publicly_queryable" => true, //フロントエンドで post_type クエリが実行可能かどうか-投稿でもページでも出力できる
		"has_archive" => true, //これをtrueにすると、アーカイブページを持つことができるようになります。
		"capability_type" => "post", //通常は post
		"rewrite" => array( "slug" => "sales_info", "with_front" => true ), //"slug" =>"英語で記述してください"
		"query_var" => true, //http://ブログのアドレス/?カスタム投稿タイプ名=個々のカスタム投稿のスラッグ」のアドレスで開きます
        'menu_position' => 20, //管理画面のメニューで表示される順番です
		"supports" => array( "title", "editor", "thumbnail", "custom-fields", "author", "page-attributes", "post-formats" ),
	); //カスタム投稿タイプの編集・新規作成のページに表示する項目

	register_post_type( "sales_info", $args ); //この関数で投稿タイプを追加します rewriteのslugで決めたのを記述
}
add_action( 'init', 'homepage_info_sales' ); //一番上の function homepage_info_sales() { の homepage_info_sales を記述

 
以上カスタム投稿ページを作ってみました。

後は、single-sales_info.php と single-sales_event.php を single.php からコピーして用意すれば無事に見れました。
 
最後に、一覧ページ (アーカイブページ)についても上記と同じように、archive-sales_info.php と archive-sales_event.php を archive.php からコピーして用意すれば無事に見れました。
 

-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秒後に切り替わる

WordPress 指定したページにジャンプさせる方法しかもフェードインで滑らかに表示

【自動で切り替わる】【何秒後に切り替わる】【指定したページにジャンプさせたい】 たぶんこれを使う理由としては、 ・新しくWebサイトを作り直した時に、古い方のURLにアクセスした人に自動で新しいURL …

svg div 変形

SVG div で変形を作る

  簡単に変形してダウンロード   おもしろいサイトを見つけましたので、紹介します。   説明をするより、サイトを開いて実用化するのはあなた次第(笑) トップページのヘッ …

seo対策

WordPressのSEO対策は簡単にプラグインで出来る

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことです。 検索することによって表示される順位をより高い順位にすることを目的としています。 まず始めに、Go …

トグルメニュー

WordPressのメニューをおもしろくしてみた

    トグルメニュー(アコーディオンメニュー)の準備   WordPressのテーマに子テーマを作って、 そこで変更や追加をした方が安心安全なので以下の作業は子テーマを …

vegas使い方

VEGAS BACKGROUND SLIDESHOWの使い方

  VEGAS BACKGROUND SLIDESHOWの使い方   画像だけを利用した基本的な使い方   独自で作成したjsファイルがあるならそちらに以下のコードを記述 …