wordpress

【簡単】wordpress スクロールするとヘッダーが固定される

投稿日:2017年9月24日 更新日:

ヘッダー固定

 

①一番最初に見えるヘッダーをカスタマイズ

header.phpファイルに使っているテーマにより若干違いはありますが、下記のようなコードが記述されていると思います。


<div id="header-sample">
<a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name' ) ); ?> </a>
</div>

この部分をcssで指定していきます。

サンプルとして以下をcssに記述

#header-sample {
top: -100px;
position: absolute;
width: 100%;
margin: 100px auto 0;
padding: 0;
z-index: 999;
background-color:rgba(255,255,255,0.5);
}

【説明】
top: -100px
上から-100pxの位置にします。
position: absolute
親要素を基準に絶対的な位置を決める
width: 100%
画面横いっぱいに表示させる
そうでなければ、指定%もしくは指定pxでもかまいません
margin: 100px auto 0
top:-100pxを戻します
左右はautoで下は0にしています
padding: 0
内側の余白も0にしています
z-index: 999
表示の順番です。数字が大きいほど前面にきます
background-color:rgba(255,255,255,0.5)
ヘッダー部分の背景を白の半透明にしています。
別に半透明にしなくてもいいです
opacityプロパティは半透明にもなりますが、文字まで薄くなってしまうので使いません

 

②スクロールすると固定されるヘッダー部分をカスタマイズ

 

サンプルとして以下をcssに記述

#header-sample.fixed {
margin-top: 0;
width: 100%;
top: 0;
position: fixed;
height: auto;
background: #fff;
border-bottom: 1px solid #ddd;
transition: top 0.65s ease-in;
-webkit-transition: top 0.65s ease-in;
-moz-transition: top 0.65s ease-in;
}

【説明】
margin-top: 0
ヘッダーの上部には余白を作りません
width: 100%
画面横いっぱいに表示させる
top: 0
上から0pxの位置にします
position: fixed
absoluteと同じく絶対位置への配置になるが、画面をスクロールしたしても位置が固定されたままになる
height: auto
高さはあえて指定していません
background: #fff
背景を白色にしました
border-bottom: 1px solid #ddd
ヘッダーの下に灰色の線を付けました
スクロールしたときに他のコンテンツと区切りをつけたかったから
transition: top 0.65s ease-in
-webkit-transition: top 0.65s ease-in
-moz-transition: top 0.65s ease-in
ゆっくり現れるように効果をつけました

 

③scriptを記述

○○○.jsのように外部ファイルを用意している場合は、そちらに記述でもOKです

その時は、

<script></script>

は要りません(function($) {~でOKです

(function($) {
    $(function() {
        var $header = $('#header-sample');
        
        $(window).scroll(function() {
            if ($(window).scrollTop() > 350) {
                $header.addClass('fixed');
            } else {
                $header.removeClass('fixed');
            }
        });
        });
})(jQuery);

【説明】

(function($) {
    $(function() {
        var $header = $('どのIDもしくはクラスに適用するのか');
        
        $(window).scroll(function() {
            if ($(window).scrollTop() > どのくらいスクロールすると実行されるか) {
                $header.addClass('実行されたときにfixedのクラスを使う');
            } else {
                $header.removeClass('そうでなければfixedのクラスは使わない');
            }
        });
        });
})(jQuery);

できましたでしょうか?
あとはご自身で好きな値を入れてカスタマイズしてみてください。

 

-wordpress
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

seo対策

WordPressのSEO対策は簡単にプラグインで出来る

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことです。 検索することによって表示される順位をより高い順位にすることを目的としています。 まず始めに、Go …

cmsとは

CMSとは

  CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(content management system)の略で、簡単にいうと、ソフトの管理画面からテキストや画像などをHTMLが詳しくない方でも、 …

カスタムスクロールバー

スクロールバーをカスタマイズできるプラグインjQuery custom content scrollerを試してみた

  WordPressでスクロールバーをカスタマイズ 別にスクロールバーは変えなくてもいいんじゃない?って思っているかもしれませんが、 実は、あるサイトを作っていて変えたくなったんです。 そ …

ダウンロード

簡単にファイルをダウンロードできるWordPressプラグイン

  WordPressで作成したwebサイトにファイルをダウンロードする機能を追加するために、プラグインを利用して簡単にやってしまおう!ってことで、「WordPress Download M …

レスポンシブ確認

レスポンシブの確認

  レスポンシブに対応したサイトを作って、 PC・ノート・タブレット・スマホなどの確認をしたい時におススメなのが、 『Responsively』   【Download now】か …