wordpress

【簡単】wordpress スクロールするとヘッダーが固定される

投稿日:2017年9月24日 更新日:

ヘッダー固定

 

①一番最初に見えるヘッダーをカスタマイズ

header.phpファイルに使っているテーマにより若干違いはありますが、下記のようなコードが記述されていると思います。


<div id="header-sample">
<a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name' ) ); ?> </a>
</div>

この部分をcssで指定していきます。

サンプルとして以下をcssに記述

#header-sample {
top: -100px;
position: absolute;
width: 100%;
margin: 100px auto 0;
padding: 0;
z-index: 999;
background-color:rgba(255,255,255,0.5);
}

【説明】
top: -100px
上から-100pxの位置にします。
position: absolute
親要素を基準に絶対的な位置を決める
width: 100%
画面横いっぱいに表示させる
そうでなければ、指定%もしくは指定pxでもかまいません
margin: 100px auto 0
top:-100pxを戻します
左右はautoで下は0にしています
padding: 0
内側の余白も0にしています
z-index: 999
表示の順番です。数字が大きいほど前面にきます
background-color:rgba(255,255,255,0.5)
ヘッダー部分の背景を白の半透明にしています。
別に半透明にしなくてもいいです
opacityプロパティは半透明にもなりますが、文字まで薄くなってしまうので使いません

 

②スクロールすると固定されるヘッダー部分をカスタマイズ

 

サンプルとして以下をcssに記述

#header-sample.fixed {
margin-top: 0;
width: 100%;
top: 0;
position: fixed;
height: auto;
background: #fff;
border-bottom: 1px solid #ddd;
transition: top 0.65s ease-in;
-webkit-transition: top 0.65s ease-in;
-moz-transition: top 0.65s ease-in;
}

【説明】
margin-top: 0
ヘッダーの上部には余白を作りません
width: 100%
画面横いっぱいに表示させる
top: 0
上から0pxの位置にします
position: fixed
absoluteと同じく絶対位置への配置になるが、画面をスクロールしたしても位置が固定されたままになる
height: auto
高さはあえて指定していません
background: #fff
背景を白色にしました
border-bottom: 1px solid #ddd
ヘッダーの下に灰色の線を付けました
スクロールしたときに他のコンテンツと区切りをつけたかったから
transition: top 0.65s ease-in
-webkit-transition: top 0.65s ease-in
-moz-transition: top 0.65s ease-in
ゆっくり現れるように効果をつけました

 

③scriptを記述

○○○.jsのように外部ファイルを用意している場合は、そちらに記述でもOKです

その時は、

<script></script>

は要りません(function($) {~でOKです

(function($) {
    $(function() {
        var $header = $('#header-sample');
        
        $(window).scroll(function() {
            if ($(window).scrollTop() > 350) {
                $header.addClass('fixed');
            } else {
                $header.removeClass('fixed');
            }
        });
        });
})(jQuery);

【説明】

(function($) {
    $(function() {
        var $header = $('どのIDもしくはクラスに適用するのか');
        
        $(window).scroll(function() {
            if ($(window).scrollTop() > どのくらいスクロールすると実行されるか) {
                $header.addClass('実行されたときにfixedのクラスを使う');
            } else {
                $header.removeClass('そうでなければfixedのクラスは使わない');
            }
        });
        });
})(jQuery);

できましたでしょうか?
あとはご自身で好きな値を入れてカスタマイズしてみてください。

 

-wordpress
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

masonry column

MasonryをやめてCSSのcolumnにした

  不具合連続のMasonry   2日間くらい「Masonry」に悩まされ、できたと思ったら不具合が発生の繰り返し、 主な不具合は、 ・画像と画像が重なる ・ブラウザを縮小したり …

メンバー紹介選手紹介

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた③

  1.プラグインAdvanced Custom Fieldsをインストール   左メニューのプラグイン→新規追加→検索窓に「Advanced Custom Fields」を入力す …

divでtableを作ってみた

divでtableを作ってみた(レスポンシブ対応)

  display: flexでレスポンシブにも対応させた PCとスマホで見せ方を変えたかったので、cssで調整 PCでは横4列、スマホでは横2列で表示 通常の表が横に2つ並んでいるようなも …

vegasスマホとPC

スマホとPCの条件分岐でVEGASを切り替える方法

  スマホとPCの条件分岐でVEGASを切り替える方法   表示したいところに以下を記述します。 <div class="img-movie"> & …

予約1

MTS Simple Booking-Cで指定した日の指定した時間だけ受け付けないようにする

  この日のこの時間だけ受け付けないようにしたい   無料版の予約システム【MTS Simple Booking-C】はすごく簡単に予約可能なプラグインですが、 ある程度決まったス …