wordpress

WordPressにお問い合わせフォームを入れるならこの2つのどちらか

投稿日:

お問い合わせ

 

お問い合わせフォームのプラグイン

WordPressでWebサイトを作成していて、お問い合わせフォームを設置することがあると思いますが、そんな時はプラグインを使うと簡単に設置・導入が可能なのでほんとに便利になりました。

以前に比べると専門的な知識や技術がそんなに必要なくお問い合わせフォームができるので楽ですね。

じゃあ、どのプラグインをインストールすればいいの?

WordPressの管理画面からプラグイン→新規追加で探すと、ものすごい数のプラグインが出てきてどれがいいのかわからない?

おすすめのプラグインは、「MW WP Form」と「Contact Form 7」

それでは、この2つのプラグインを比較してみます。

 

MW WP Form

プラグインをインストール

MW WP Form

①管理画面のメニューからプラグイン → 新規追加

②検索窓に「MW WP Form」を入力すると下記のプラグインがヒットすると思います。

MW WP Form

③「今すぐインストール」をクリックして、インストールが終わると「有効化」のボタンに変わりますのでクリックしてください。

MW WP Formの使い方

有効化されると、管理画面のメニュー欄に「MW WP Form」が追加されます。

お問い合わせフォームを作るには、「MW WP Form」→「新規追加」に進みます。

お問い合わせフォーム MW WP Form

いつもの投稿画面や固定ページ画面によく似ています。

機能・特徴

◆Form created using shortcodes

ショートコードによるフォーム作成

◆確認画面が表示可能

企業サイトで必要とされやすい確認画面の機能をサポートしています。

◆同一URL・個別URLでの画面変遷が可能

入力画面、確認画面、完了画面、そしてバリデーションエラー画面のURLを自由に設定できます。

◆豊富なバリデーションルール

必須チェックをはじめ、カタカナ、電話番号、郵便番号などフォームで必要とされるバリデーション項目が揃っています。

◆問い合わせデータを保存可能

保存したデータはCSV形式でダウンロードできます。

◆保存した問い合わせデータをグラフ可能

アンケートフォームで収集したデータの解析や問い合わせ内容の傾向分析などに便利です。

 

WordPressプラグイン「MW WP Form」

作成者: Takashi Kitajima (日本)

公式ページ → http://plugins.2inc.org/mw-wp-form/

GitHub → https://github.com/inc2734/mw-wp-form

詳しい使い方については、後ほど記事にしたいと思います。

 

 

Contact Form 7

プラグインをインストール

Contact Form 7

①管理画面のメニューからプラグイン → 新規追加

②検索窓に「Contact Form 7」を入力すると下記のプラグインがヒットすると思います。

Contact Form 7

③「今すぐインストール」をクリックして、インストールが終わると「有効化」のボタンに変わりますのでクリックしてください。

Contact Form 7の使い方

有効化されると、管理画面のメニュー欄に「お問い合わせ」が追加されます。

お問い合わせフォームを作るには、「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」に進みます。

※あらかじめフォームが1つ作られているため「新規作成」ではなく「コンタクトフォーム」でOK(もちろん「新規作成」でも同じことです)

お問い合わせフォーム

「コンタクトフォーム1」があれば、それをクリックします。

コンタクトフォーム

こちらも、いつもの投稿画面や固定ページ画面によく似ています。

先ほどの「MW WP Form」とは少し違います。

ちなみに、右上にある「ヘルプ」をクリックすると簡単な説明が見れます。

お問い合わせフォーム ヘルプ

 

いろいろな「タグ」を使ってコンタクトフォームとメール (ヘッダーと本文) のテンプレートを編集することが可能です。

タグとは Contact Form 7 の用語で角カッコ ([ ]) で囲んだ短い文字列を指します。

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」

作成者: Takayuki Miyoshi (日本)

プラグインページ → https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/

サポートページ → https://contactform7.com/ja/

詳しい使い方については、後ほど記事にしたいと思います。

 

まとめ

WordPressにお問い合わせフォームを入れるならこの2つ「MW WP Form」「Contact Form 7」のどちらかを選択すれば、十分な機能を持っており、初心者から中・上級者まで幅広く使うことができます。

特におすすめの理由は、どちらも日本人によって作られたプラグインということで、説明の内容もわかりやすいと思います。(翻訳しなくてもOK)

カスタマイズができる方は、オリジナル性が表現できるお問い合わせフォームになると思います。

 

 

-wordpress
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オンマウス以外

オンマウス(マウスオーバー)以外を透かす

オンマウスで透過したり、色が変わったりするのは一般的にも良くあるパターンだと思います。 でも今回は オンマウス以外に変化をつけていきたいと思います。 個人的には、少なめのメニューやカテゴリーリストされ …

ショートコード

ショートコードでPHPファイルを読み込む

便利で何かと使いやすいかな?って思いますので、とりあえずやってみました。 固定ページを書いているときに、別のテンプレートファイル(phpファイル)を読み込みたいときに、直接書くのはやめた方が良いので、 …

ワードプレス

All in One SEO Packで XMLサイトマップをGoogleに 送信する方法

  ワードプレスのプラグインで超有名な『All in One SEO Pack』ですが、必ず入れたいプラグインの1つです。 その名前の通り、SEO関係の機能が一つにまとまっているので、かなり …

ワードプレス

WordPress テーマTwenty Sixteenでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた④

  11.メンバー一覧表示のカスタマイズ   メンバー個人個人の登録が終わったら、今度は一覧表示を作ってみます。 あまりごちゃごちゃ触りたくないので、以下のファイルだけ中身を少し変 …

スライドショー条件分岐

スライドショーのショートコードをPCとスマホで変える

今回も引き続き、「Smart Slider 3」を使って条件分岐をやってみました。 なぜ、このようなことをするのかと言うと、 PCでは、横長の長方形(例えば、横幅1900px,高さ600pxくらい) …