wordpress

WordPress 子テーマのcssを読み込む

投稿日:

子テーマ functions.php

 

親テーマのスタイルシート【style.css】の上部には、各テーマによって若干違いはあるが、以下のような記述があると思います。

@charset "UTF-8";
/*---------------------------------------------------------
Theme Name: webleadm
Theme URI: web.leadm.link
Description:
Author: web
---------------------------------------------------------*/

テーマをカスタマイズしていくには、子テーマにスタイルシート【style.css】を作って、そこでいろいろ調整するのがいいと思います。

そして、子テーマのスタイルシート【style.css】の上部には、以下のように記述します。

/*
Theme Name: webleadm Child
Template: webleadm
*/

最低この記述は必要です。

Theme Nameは、親テーマの子供っていう感じで記述した方がわかりやすいです。

Templateは、親テーマのTheme Nameにしてください。

続いて、

以前は、@import url(‘../○○○/style.css’); を子テーマのスタイルシート【style.css】に記述していましたが、これは古くて良い方法ではありませんので注意してください。

じゃあどうすれば?ということで、

以下のように子テーマに作ったテーマのための関数【functions.php】の先頭に記述します。

<?php
if ( !defined( 'ABSPATH' ) ) {
exit;
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

 

できましたでしょうか?

私も以前は、@import url(‘../○○○/style.css’); を使っていました。

現在も全く動かないことはないですが、【functions.php】に書く方が良さそうですね。

 

 

 

-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メンバー紹介選手紹介

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた①

  WordPressでスポーツチームやサークルのメンバー紹介や選手紹介または、企業やショップなどの人物紹介などのページを作るときに行う方法として、Web製作者それぞれやり方はあると思います …

ヘッダー画像変える

ヘッダー画像やスライダーをページ毎に変える方法

  WordPressで作成したページで、ヘッダー画像やスライドショーをページごとに変えたい! 今回やってみたことは、条件分岐でヘッダーの画像部分を振り分けるといった方法です。 プラグインな …

画像を上下中央に配置

指定した範囲内に画像を上下中央に配置

  divなどで指定した部分に、画像を配置 上下中央にする方法は他にもありますが、 今回は、『position』を使ってみます。   html <div class=&quo …

vegasスマホとPC

スマホとPCの条件分岐でVEGASを切り替える方法

  スマホとPCの条件分岐でVEGASを切り替える方法   表示したいところに以下を記述します。 <div class="img-movie"> & …

wordpressプラグイン

WordPressプラグインおすすめ10選【2017年度】

  1.セキュリティー Akismet Anti-Spam 自動的にすべてのコメントをチェックし、スパムのように見えるものをフィルターします。   2.バックアップと復元 Updr …