wordpress

WordPressでフォトギャラリーを作るのに3つのプラグインを入れてみた

投稿日:

フォトギャラリー

 

プラグインを使って簡単にフォトギャラリー

 

WordPressの固定ページ、投稿ページ、カスタム投稿ページに写真を並べて掲載するフォトギャラリーページは、プラグインを使って簡単にできます。

ギャラリー系のプラグインはたくさんありますが、今回は使い方も簡単できれいに見せることができる『FooGallery』を使うことにしました。

 

1.Media Library Assistant

まず初めに、WordPressに写真をアップロードした内容は、管理画面のメニューにある『メディア』で確認することができます。

ただ、アップロードした全ての写真や画像が表示されるため、整理整頓ができていません。

写真や画像が多ければ多いほど、あとでわかりにくくなります。

これをパソコンのフォルダのように分けて管理できるのがこのプラグインの良いところです。

例えば、『○○の記念日』というカテゴリーを作成して、そこに関連した写真や画像を入れておけば、あとで見やすく管理もしやすいです。

カテゴリーは複数作れますのでわかりやすい名前を付けてください。

カテゴリーを作成するには、管理画面のメニューにある「メディア」→「Att.Category」です。

メディアのカテゴリー

同じく、タブも作成するには、管理画面のメニューにある「メディア」→「Att.Tag」です。

フォトギャラリー用の写真をアップロードする前に設定しておいた方がわかりやすくて楽かな?(アップロードと同時でも可能ですが)

 

2.FooGallery

設定は基本的にデフォルトのままでよいと思います。

ギャラリーを作成するには、管理画面メニューの「FooGallery」→「Add Gallery」から作成します。

フォトギャラリーFoo

 

「Add From Media Library」のボタンから写真を選択するときに、

FooBox

『FooBox』を選択することで、LightBox系の表示がされます。

いろいろ設定が可能ですので試してみるといいです。

あと、「Paging」のところから1ページに表示する写真の数も設定できます。

 

3.FooBox Image Lightbox

最後に、上2つのプラグインをインストールするときに合わせてインストールしておきたいプラグインです。

プラグイン自体の設定はデフォルトのままで大丈夫です。

よく見かける、写真をクリックすと背景が暗くなって、浮き出てくるように見えるタイプです。

 

まとめ

フォトギャラリー系のプラグインで『FooGallery』は有名でよく利用されています。

そこにプラスして写真もわかりやすく整理したいため、メディアのカテゴリー分けをしました。

これをセットで使ってみると便利です。

各プラグインの使い方はそこまで難しくないと思います。

 





-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダウンロード

簡単にファイルをダウンロードできるWordPressプラグイン

  WordPressで作成したwebサイトにファイルをダウンロードする機能を追加するために、プラグインを利用して簡単にやってしまおう!ってことで、「WordPress Download M …

vegas使い方

VEGAS BACKGROUND SLIDESHOWの使い方

  VEGAS BACKGROUND SLIDESHOWの使い方   画像だけを利用した基本的な使い方   独自で作成したjsファイルがあるならそちらに以下のコードを記述 …

ヘッダー画像変える

ヘッダー画像やスライダーをページ毎に変える方法

  WordPressで作成したページで、ヘッダー画像やスライドショーをページごとに変えたい! 今回やってみたことは、条件分岐でヘッダーの画像部分を振り分けるといった方法です。 プラグインな …

ヘッダー固定

【簡単】wordpress スクロールするとヘッダーが固定される

  ①一番最初に見えるヘッダーをカスタマイズ header.phpファイルに使っているテーマにより若干違いはありますが、下記のようなコードが記述されていると思います。 <div id= …

トグルメニュー

WordPressのメニューをおもしろくしてみた

    トグルメニュー(アコーディオンメニュー)の準備   WordPressのテーマに子テーマを作って、 そこで変更や追加をした方が安心安全なので以下の作業は子テーマを …