wordpress

Advanced Custom Fieldsをカテゴリに使用したときの画像の取得出力

投稿日:

カスタムフィールド カテゴリー画像

 

いろいろ試してみた結果、やっとできたので覚書として記事にしました。

 

カスタムフィールドのカテゴリー画像作成

 

Advanced Custom Fieldsのプラグインはあらかじめインストールしているものとして進めます。

 

カスタムフィールドの新規作成

カスタムフィールド追加

カスタムフィールド条件設定

以上で『公開』ボタンをクリック

 

カテゴリーに画像を選択

WordPressのメニュー『投稿』→『カテゴリー』

カテゴリーに画像を表示

画像が登録できたら今度は出力

 

カテゴリー別に画像を好きなところに出力する

 

ここからが悩んだ結果たどり着いた方法です。

別の方法もあるかもしれませんが、いろいろ試した結果うまく表示されたのでひとまず安心

 

single.phpに記述してみた

 

新規投稿したときに、表示されるページが『single.php』なので、

このページのヘッダー部分に、カテゴリーで分けた記事が表示されたときに登録した画像が表示されるようにしたい。

 

<?php
//カスタムフィールドを出力するために、カテゴリIDを取得
$cat=get_the_category();
$cat = $cat[0];
$catid=$cat->cat_ID ;
$post_id = 'category_'.$catid; /* category_1 のような値を取得 */
?>
<?php $attachment_id=get_field('作成したフィールド名を記述',$post_id); echo wp_get_attachment_image($attachment_id,'full'); ?>

 

 
ちなみに、最後の’full’というのは画像サイズ
 
あとは、ヘッダー部分や好きなところに表示するため、

<div></div>などで囲んで、cssで調整

 

-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カスタム投稿

【サンプル】プラグインなしでカスタム投稿タイプを複数作る

  あまりWordPressをテクっていない私が、今回はプラグインなしでカスタム投稿タイプを作ってみました。 たぶん、詳しい人からするとかなり簡単にできてしまうんだと思いますが、 詳しい人ほ …

レスポンシブ確認

レスポンシブの確認

  レスポンシブに対応したサイトを作って、 PC・ノート・タブレット・スマホなどの確認をしたい時におススメなのが、 『Responsively』   【Download now】か …

フォトギャラリー

WordPressでフォトギャラリーを作るのに3つのプラグインを入れてみた

  プラグインを使って簡単にフォトギャラリー   WordPressの固定ページ、投稿ページ、カスタム投稿ページに写真を並べて掲載するフォトギャラリーページは、プラグインを使って簡 …

カスタムスクロールバー

スクロールバーをカスタマイズできるプラグインjQuery custom content scrollerを試してみた

  WordPressでスクロールバーをカスタマイズ 別にスクロールバーは変えなくてもいいんじゃない?って思っているかもしれませんが、 実は、あるサイトを作っていて変えたくなったんです。 そ …

メンバー一覧選手一覧

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた②

  1.プラグインCustom Post Type UIをインストール 左メニューのプラグイン→新規追加→検索窓に「Custom Post Type UI」を入力すると出てきます。 インスト …