wordpress

Advanced Custom Fieldsをカテゴリに使用したときの画像の取得出力

投稿日:

カスタムフィールド カテゴリー画像

 

いろいろ試してみた結果、やっとできたので覚書として記事にしました。

 

カスタムフィールドのカテゴリー画像作成

 

Advanced Custom Fieldsのプラグインはあらかじめインストールしているものとして進めます。

 

カスタムフィールドの新規作成

カスタムフィールド追加

カスタムフィールド条件設定

以上で『公開』ボタンをクリック

 

カテゴリーに画像を選択

WordPressのメニュー『投稿』→『カテゴリー』

カテゴリーに画像を表示

画像が登録できたら今度は出力

 

カテゴリー別に画像を好きなところに出力する

 

ここからが悩んだ結果たどり着いた方法です。

別の方法もあるかもしれませんが、いろいろ試した結果うまく表示されたのでひとまず安心

 

single.phpに記述してみた

 

新規投稿したときに、表示されるページが『single.php』なので、

このページのヘッダー部分に、カテゴリーで分けた記事が表示されたときに登録した画像が表示されるようにしたい。

 

<?php
//カスタムフィールドを出力するために、カテゴリIDを取得
$cat=get_the_category();
$cat = $cat[0];
$catid=$cat->cat_ID ;
$post_id = 'category_'.$catid; /* category_1 のような値を取得 */
?>
<?php $attachment_id=get_field('作成したフィールド名を記述',$post_id); echo wp_get_attachment_image($attachment_id,'full'); ?>

 

 
ちなみに、最後の’full’というのは画像サイズ
 
あとは、ヘッダー部分や好きなところに表示するため、

<div></div>などで囲んで、cssで調整

 

-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

seo対策

WordPressのSEO対策は簡単にプラグインで出来る

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことです。 検索することによって表示される順位をより高い順位にすることを目的としています。 まず始めに、Go …

Google Doc Embedder

WordPressでPDFを埋め込むプラグイン

  Google Doc Embedder   WordPressの記事内や固定ページ内で、PDFのファイルを利用したい、またはダウンロードできるようにしたい時に使うプラグインです …

ダウンロード

簡単にファイルをダウンロードできるWordPressプラグイン

  WordPressで作成したwebサイトにファイルをダウンロードする機能を追加するために、プラグインを利用して簡単にやってしまおう!ってことで、「WordPress Download M …

予約システムを編集者

MTS Simple Booking-C編集者ができるようにする

  予約システムをスタッフがする   WordPressの予約システムで有名なプラグイン『MTS Simple Booking-C』ですが、 作成者側ではなく、編集者(スタッフ)が …

スクロールボタン

スクロールボタン コピペでできる

    WordPressでスクロールボタンを設置   php部分 <div class="scroll" href="#first- …