wordpress

ショートコードでPHPファイルを読み込む

投稿日:2019年3月1日 更新日:

ショートコード

便利で何かと使いやすいかな?って思いますので、とりあえずやってみました。

固定ページを書いているときに、別のテンプレートファイル(phpファイル)を読み込みたいときに、直接書くのはやめた方が良いので、ショートコードを使って読み込みたいと思います。

ショートコードで任意のPHPファイルを呼び出す

 

自分が使っているテーマファイルに任意のPHPファイルがあることを前提に進めます。

まずは下記コードをfunctions.php内に記入します。

こうすることによって、PHPファイルを呼び出すためのショートコードを作ります。

 

// PHPの読み込み
function my_php_Include($params = array()) {
extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
ob_start();
include(STYLESHEETPATH . "/$file.php");
return ob_get_clean();
}
add_shortcode('myphp', 'my_php_Include');

 
上記のコードを記述して保存すると、ショートコードを使って読み込むことが可能になります。

※functions.phpは扱うのにデリケートなので、間違わないようにバックアップを取っておいた方が良いかもしれません。

実際にショートコードを使ってみる

固定ページの表示させたい(呼び込みたい)ところに、

[myphp file=’my-template’]

と記述します。

これで、my-template.phpファイルを読み込むことができました!



-wordpress
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログとは

ブログとは

ブログ (blog) は、ウェブサイトの一種で、「WebをLogする」という意味でウェブログ (weblog) と名付けられ、それが略されてブログ(Blog)と呼ばれるようになった。 作者の個人的な日 …

レスポンシブ確認

レスポンシブの確認

  レスポンシブに対応したサイトを作って、 PC・ノート・タブレット・スマホなどの確認をしたい時におススメなのが、 『Responsively』   【Download now】か …

真っ白

WordPressで画面が真っ白になってしまった時の対処方法

    突然画面が真っ白になって、何度試してもページが表示されなくて気分がブルーになってしまった時に試した方法   今回は、テーマの中にあるfunction.phpを編集 …

表示件数

意外と忘れていた表示件数

  アーカイブの表示件数   WordPressのテーマをカスタマイズしていて、 記事の一覧表示やカスタム投稿の一覧表示を出力する【アーカイブ.php】で、 1ページに表示される件 …

vegas2

WordPressで画像をかっこよく見せるVEGAS

  WordPressで画像をかっこよく見せる ワードプレスを使っていて画像を扱うことも多いと思いますが、サイトをかっこよくおしゃれに見せる方法の一つとして、画像に手を加えてインパクトを与え …