wordpress

ヘッダー以外の画面サイズ取得をやってみた

投稿日:

画面サイズ取得

 

ワードプレスを使っていて、最初に表示されるページのデザインで使えそう。

全画面表示にするために、ディスプレイのサイズ(高さ)を自動で取得して表示させる方法は試したことがありましたが、

今回は、ヘッダー部分を引いた高さを取得する方法を試してみました。

 

header.phpなどの中身で引きたい部分(除きたい部分)を確認

 

例えば、

<div id=”head-area”>

などのID名を確認(クラス名になっていればクラス名を確認)

 

トップページやホームページで高さを取得したい部分を確認

 

例えば、固定ページの本文に指定している場合は、

<div class=”contents-area”>

などのクラス名を確認

front-page.phpやpage.phpの中にある部分を指定したい場合は、

同じく、クラス名を確認

 

jsファイルに記述

 

続いて、jsファイルに記述して実行させる。

(jsファイルを作っていない場合は、header.php部分に記述してもいいかな)




// ヘッダー以外の画面サイズ取得
$(function(){
var nH = $('#head-area').outerHeight(true);// ヘッダーの高さを取得
var wH = $(window).height();// 表示画面の高さを取得
var hH = wH - nH;// 表示画面とヘッダーの差分を算出
$('.contents-area').css('height', hH + 'px');// 算出した差分をヘッダーエリアの高さに指定
});


 
以上、私が試してみた方法です。

 



 

-wordpress
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘッダー固定

【簡単】wordpress スクロールするとヘッダーが固定される

  ①一番最初に見えるヘッダーをカスタマイズ header.phpファイルに使っているテーマにより若干違いはありますが、下記のようなコードが記述されていると思います。 <div id= …

スライドショー条件分岐

スライドショーのショートコードをPCとスマホで変える

今回も引き続き、「Smart Slider 3」を使って条件分岐をやってみました。 なぜ、このようなことをするのかと言うと、 PCでは、横長の長方形(例えば、横幅1900px,高さ600pxくらい) …

メンバー一覧選手一覧

WordPress テーマLIQUID PRESSでメンバー紹介や選手一覧などを作ってみた②

  1.プラグインCustom Post Type UIをインストール 左メニューのプラグイン→新規追加→検索窓に「Custom Post Type UI」を入力すると出てきます。 インスト …

アイキャッチ画像をPCとスマホ

アイキャッチ画像をPCとスマホで見え方を変える

  WordPressを使っていて、固定ページにもアイキャッチ画像を設定するところがあります。 そのアイキャッチ画像をページのヘッダーあたりに表示させたいと思いました。 PCでは、希望通りの …

レスポンシブ確認

レスポンシブの確認

  レスポンシブに対応したサイトを作って、 PC・ノート・タブレット・スマホなどの確認をしたい時におススメなのが、 『Responsively』   【Download now】か …