wordpress

ヘッダー以外の画面サイズ取得をやってみた

投稿日:

画面サイズ取得

 

ワードプレスを使っていて、最初に表示されるページのデザインで使えそう。

全画面表示にするために、ディスプレイのサイズ(高さ)を自動で取得して表示させる方法は試したことがありましたが、

今回は、ヘッダー部分を引いた高さを取得する方法を試してみました。

 

header.phpなどの中身で引きたい部分(除きたい部分)を確認

 

例えば、

<div id=”head-area”>

などのID名を確認(クラス名になっていればクラス名を確認)

 

トップページやホームページで高さを取得したい部分を確認

 

例えば、固定ページの本文に指定している場合は、

<div class=”contents-area”>

などのクラス名を確認

front-page.phpやpage.phpの中にある部分を指定したい場合は、

同じく、クラス名を確認

 

jsファイルに記述

 

続いて、jsファイルに記述して実行させる。

(jsファイルを作っていない場合は、header.php部分に記述してもいいかな)




// ヘッダー以外の画面サイズ取得
$(function(){
var nH = $('#head-area').outerHeight(true);// ヘッダーの高さを取得
var wH = $(window).height();// 表示画面の高さを取得
var hH = wH - nH;// 表示画面とヘッダーの差分を算出
$('.contents-area').css('height', hH + 'px');// 算出した差分をヘッダーエリアの高さに指定
});


 
以上、私が試してみた方法です。

 



 

-wordpress
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

seo対策

WordPressのSEO対策は簡単にプラグインで出来る

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことです。 検索することによって表示される順位をより高い順位にすることを目的としています。 まず始めに、Go …

360カメラ

できた!360度カメラの画像をWordPressに

  プラグインで簡単に!   360度カメラで撮影した画像をWordPress(ワードプレス)の固定ページや投稿ページまたは、カスタム投稿タイプなどに使いたいときに便利なのが、 『 …

divでtableを作ってみた

divでtableを作ってみた(レスポンシブ対応)

  display: flexでレスポンシブにも対応させた PCとスマホで見せ方を変えたかったので、cssで調整 PCでは横4列、スマホでは横2列で表示 通常の表が横に2つ並んでいるようなも …

プレビュー

WordPressのプレビューで変更されていない時にチェックすること

WordPressで固定ページや投稿ページまたは、カスタム投稿タイプでテキストの色を変更したり、大きさを変更するなどしてプレビュー画面で確認したが、変わってない!ってことはないですか? また、cssや …

スマホで予約システム

スマホで予約システムが無料で作れる

  今流行りの予約システム   以前から、サロン系やフィットネス系のオンライン予約を頼まれたことがあり、何度か作成してきましたが、 今回は、コロナの影響からも言えると思いますが、 …