wordpress

WordPressでPDFを埋め込むプラグイン

投稿日:

Google Doc Embedder

 

Google Doc Embedder

 

WordPressの記事内や固定ページ内で、PDFのファイルを利用したい、またはダウンロードできるようにしたい時に使うプラグインです。

簡単な方法でPDFファイルをアップする時に【メディアを追加】のところでアップロードするのですが、

それだと、PDFの内容まではパッと見たときに見ることができません。

そこで、内容が少し見れるようにすると、見る側からするとわかりやすいと思います。

ここでは、ダウンロードするためのプラグインではなく、

PDFの内容をそのまま表示してくれるプラグインです。

 

他のプラグインPDF Image Generator

以前は、PDF Image Generatorを使っていたのですが、

現在WordPressのバージョン4.9.8では表示されなくなってしまいましたので、

Google Doc Embedderを使いたいと思います。

 

 

Google Doc Embedderで埋め込みできるファイル形式一覧

 

  • Adobe Acrobat (PDF)
  • Microsoft Word (DOC/DOCX*)
  • Microsoft PowerPoint (PPT/PPTX*)
  • Microsoft Excel (XLS/XLSX*)
  • TIFF Images (TIF, TIFF)
  • Apple Pages (PAGES)
  • Adobe Illustrator (AI)
  • Adobe Photoshop (PSD)
  • Autodesk AutoCad (DXF)
  • Scalable Vector Graphics (SVG)
  • PostScript (EPS/PS)
  • OpenType/TrueType Fonts (OTF, TTF)
  • XML Paper Specification (XPS)
  • Archive Files (ZIP/RAR)

 

プラグインをインストール

 

WordPress管理画面のメニュー【プラグイン】→【新規追加】→【プラグインの検索】のところに、

『Google Doc Embedder』と入力すると検索されたプラグインが表示されます。

Google Doc Embedderプラグイン

【今すぐインストール】をクリックして、その後【有効化】にします。

 

Google Doc Embedderの設定

 

WordPress管理画面のメニュー【設定】→【GDE setting】

Google Doc Embedderの設定

 

■Default Language

初期設定で日本語になっていると思いますが、なっていない場合はプルダウンで選択してください。

■Default Size

サムネイルのような感じで表示されるサイズです。(好きなサイズを指定してください)

■File Base URL

ファイルを収めるURL(デフォルトのままでOKです)

■Download Link

『All Users』を選んだ場合は、全てのユーザーがダウンロード可能になります。
『Logged in Users』 を選んだ場合は、ログインしているユーザーのみがダウンロード可能になります。
『None』 を選んだ場合は、ダウンロードリンクは非表示になります。

基本的には、『All Users』かな?

■Link Text

ダウンロードリンクのテキスト部分です。
ファイル名、ファイル形式 ファイルの容量などを表示できます。

■Link Position

『Above Viewer』を選んだ場合は、表示される画像の上にDownload Linkが出ます。
『Below Viewer』を選んだ場合は、表示される画像の下にDownload Linkが出ます。

Google Doc Embedderの設定2

 

■Editor Integration

『Disable all editor integration』にチェックを入れると、エディタから使えなくなります。
『Insert shortcode from Media Library by default』にチェックを入れると、投稿画面や固定ページのエディタでファイルを選択するとデフォルトで使うことができます。
『Allow uploads of all supported media types』にチェックを入れると、サポートされているすべてのメディアタイプのアップロードを許可します。

■Maximum File Size

アップロードするファイルサイズの上限設定

■Error Handling

『Show error messages inline (otherwise, they appear in HTML comments)』にチェックを入れると、画像が表示できないなどのエラーが発生した場合、サムネイルの内に表示します。

『Check for errors before loading viewer』にチェックを入れると、ビューワー(画像など)を読み込む前にエラーをチェックします。

『Enable extended diagnostic logging』にチェックを入れると、ログを記録します。

■Event Tracking

『Enable』選んだ場合 Googleアナリティクスによるトラッキングを有効にします。
この項目を選んだ場合のみ、『Category』と『Label』という項目が表示されます。
『Category』は、ご自身でわかりやすい名前を入力してください。『Label』は、トラッキングをURLで行うか、ファイル名で行うかを選択します。

『Enable Compatibility Mode』 選んだ場合は、古いAnalyticsのフォーマット(互換性)でトラッキングします。

『None』 を選んだ場合、トラッキングは行いません。

 

Google Doc Embedderの使い方

 

Google Doc Embedder使い方

 

投稿や固定ページに表示される『メディアを追加』のところからファイルを選択するか、ファイルをアップロードして選択します。

何も問題がなければ、表示されていると思います。

 



 

-wordpress
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

masonry column

MasonryをやめてCSSのcolumnにした

  不具合連続のMasonry   2日間くらい「Masonry」に悩まされ、できたと思ったら不具合が発生の繰り返し、 主な不具合は、 ・画像と画像が重なる ・ブラウザを縮小したり …

画面サイズ取得

ヘッダー以外の画面サイズ取得をやってみた

  ワードプレスを使っていて、最初に表示されるページのデザインで使えそう。 全画面表示にするために、ディスプレイのサイズ(高さ)を自動で取得して表示させる方法は試したことがありましたが、 今 …

子テーマ functions.php

WordPress 子テーマのcssを読み込む

  親テーマのスタイルシート【style.css】の上部には、各テーマによって若干違いはあるが、以下のような記述があると思います。 @charset “UTF-8”; /*——— …

画像のトリミング

object-fitで画像のトリミング

  PCとスマホで画像の見え方を変えるのに役立つのが、 cssの「object-fit」プロパティです。 背景画像として扱うcssの「background-size」というのもありますが、 …

スクロールボタン

スクロールボタン コピペでできる

    WordPressでスクロールボタンを設置   php部分 <div class="scroll" href="#first- …