Web全般

ドロップシッピングなぜ儲からないか?

投稿日:

 

ドロップシッピングズバリ言うと、

始めたからといって、すぐに結果が出るわけがなく、常に更新していくなど、日々の努力と継続が必要になります。

 

1.売れそうな商品を取り扱っているか?

2.サイトのデザイン性やわかりやすさ

3.SEO対策が取れているか?

4.自分なりのコメントや説明文を書いているか?

などといったことに注意しながら始めることは必須だと思います。

もっと欲を言えば、サイトのアピールをするために取っている手段は?

例えば、メールマガジンやSNSを利用した宣伝などです。

 

1.売れそうな商品を取り扱っているか?

もちろん人気商品を取り扱うことは大事ですが、その反面競合するサイトが多いのも現実です。

自分のサイトで購入してもらうには、数多くあるサイトから選んでもらうことになるので対策が必要になります。

始めからお金を出して広告掲載をするにも勇気がいりますね。

 

2.サイトのデザイン性やわかりやすさ

これについては、ドロップシッピング側でテンプレートが用意されていることが多く、それを利用して簡単に商品サイトを作れる仕組みになっています。

メリット

複雑なHTMLやCSSなどの知識が必要なく作れます。

ある程度デザインされたテンプレートが選べるようになっています。

デメリット

他のドロップシッピングを利用している人と同じようなデザインになります。

既存のテンプレートを変更(カスタマイズ)していくにはそれなりの知識が必要になってきます。

最近では、wordpress等を利用してカスタマイズしていく方法もありますが、自分のイメージに近いデザインにはできますが、かなりの知識が必要になります。

 

3.SEO対策が取れているか?

ドロップシッピングのテンプレートを利用すればある程度SEO対策が取られていると思いますが、それだけでは完全とは言えず、どちらかと言うと本人の努力が必要になってきます。

例えば、サイトの中身について充実した内容になっているのか?

画像だけでなく文章もしっかり書けているのか?などによって変わってきます。

 

4.自分なりのコメントや説明文を書いているか?

ドロップシッピング側の商品ページをそのままコピーして使うのでなく、できれば自分の感想や体験談などを書くことによって信頼性や購買意欲も沸いてきます。

 

最後に、収入を得るためのサービスとして最近いろいろありますが、代表的なものでいうと、

・ドロップシッピング

・アフィリエイト

・ポイントサービス

・YouTubeなどの広告収入

がありますが、自分に合った継続できそうなものを選ぶ方がいいですね。

 

 

 

-Web全般
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

cms

主要CMS5選を比較

世界のCMSシェア ”W3Techsの資料から” 2019年9月14日時点 1位:WordPress 59.5%(28.6%) 2位:Joomla 6.8%(3.3%) 3位:Drupal 4.7%( …

とくとくBBのWiMAX2+

とくとくBBのWiMAX2+を利用してみた

  実際に契約   一人暮らしの学生のWiFi環境を充実させるため、持ち運びが簡単で、設定も簡単ということで、 今回選んだのは、「とくとくBBのWiMAX2+」にしました。 機種や …

動画配信サービス

気になる動画配信サービス

  Amazonプライム物足りない   Amazonプライムの無料体験を利用してみて感じたことは、 動画も音楽も『おまけ』みたいなもの ただ、料金的には『月400円の契約』『年間3 …

adobe用パソコン

Adobe用パソコン

  クリエイター向けパソコン   フォトショップ、イラストレーター、ドリームウィーバーなどAdobe CCソフトウェアの動作確認済パソコンを選ぶことで失敗しないPC選びをすることが …

ホームページとは

『ホームページ』とは?

Webとは?の記事に出てきた『ホームページ』ですが、 細かく言うと、 ・画面を開いたとき(起動時)に表示されるように設定されたページ ・ホームボタンを押した時に表示されるように設定されたページ それ以 …